日本の禁煙に対する意識

日本の人混みの様子

2020年の東京オリンピックが近づいてきましたが、受動喫煙についての国の規制が進展していません。実はオリンピックの開催地は受動喫煙防止のための規制を強化することが常になっているのですが、東京都では規制が遅れています。これまでのオリンピック開催地では、例えば鉄道の駅、バス、飲食店では完全禁煙か分煙化を決めていましたが、都はまだ努力義務ですし管理者、喫煙者の罰則も都は無しとしているままです。

そもそも多くの先進国で公共施設や公共交通機関の禁煙を国法や州法で決めていますが、日本は決めないのです。これは、日本の場合はたばこ会社がメディアの大スポンサーであったりするのも理由の一つと言えます。現在、公共施設や飲食店などで全面禁煙などの対策を取らないところには罰金などを科すように政府として話し合っているような状況ではありますが、オリンピックが行なわれるまでにはさらに厳しく対策が取られるべきです。

国や都の規制はまだ進んでいませんが東京都内の区単位では、駅の周辺などで喫煙規制条例が進んでいるところは増えています。そういう区では例えば駅周辺の繁華街の飲食店でも店内完全禁煙というお店が増えました。日本料理店では最近掘りごたつ式個室というのが流行っていますが、以前ならそういう部屋では自由にタバコが吸えたものです。でも今ではそこも禁煙で分煙の店だとしても喫煙スペースは別ですから、掘りごたつで温まっていたはずがわざわざ喫煙スペースまで行って吸うはめになります。このような日々を送るぐらいであれば、健康のために禁煙するのが一番です。

ニコレットはもちろんですが最近ではチャンピックスという禁煙補助剤も需要があります。チャンピックスはニコチンを含まない禁煙補助剤でガムではなく飲み薬になります。バレニクリン酒石酸塩という成分を含んだもので、この効果で、ニコレットで禁煙が出来なかった人も禁煙できるようになるのだとか。ネットで調べてみるとチャンピックスフルセットというセット商品がかなりお買い得でした。もう二度とタバコを吸う気がない人はチャンピックスで禁煙してみてはいかがでしょうか。