ニコレット以外にイメージトレーニングでも禁煙できる

イメージトレーニングをする男性

喫煙はさまざまなリスクを増幅させるもので、世界的な流れからみて禁煙の動きが活発です。しかし一度、喫煙をはじめると中毒症状が現れるためなかなか禁煙することが難しいとされます。この中毒症状の原因となっているのがニコチンであり、タバコ中毒というのはニコチン中毒を意味します。ニコチンは血管の収縮をもたらすため、気分を落ち着かせる効果がありますが、この効果が切れるとイライラが発生し、再びニコチンを摂取したくなります。これが禁煙できない理由といえます。しかし、ニコチンの依存性そのものは麻薬と比べると高くなく自分の意思でやめることは可能です。このため禁煙を治療として行う場合にはニコチンを徐々に減らしていく方法や漢方薬でイライラを抑えるといった方法が使われます。

ニコチンを徐々に減らしていくものとしてはニコレットが有名です。ニコレットではニコチン成分を徐々に少なくしていくというものであり、禁煙によるイライラや喫煙したいという欲求を抑えるというものです。ニコレットは禁煙外来でも処方されますし、ドラッグストアでも購入できるため手軽な禁煙方法といえます。
しかし、基本的にニコチンの依存性は高くないためイライラなどのストレスを軽減することで禁煙することが可能で、イメージトレーニングでも禁煙を目指すことができます。この場合にはタバコを吸いたくなったら吸った気分になるというものです。
また口が寂しいためにタバコを欲しがる場合には飴など気分を紛らわせることで禁煙を目指すことが可能です。いずれにしても禁煙を目指す場合にはニコチン中毒の解消が重要なポイントになり、また習慣づいてしまった喫煙をやめるイメージトレーニングも成功させるためのポイントといえます。