ニコレットは医薬品なの?ガム(お菓子)なの?

お菓子と勘違いするようなニコレット

ニコレットはガムのようにして食べることができるため、お菓子と勘違いしてしまう人もいるかもしれません。レギュラーのものに加えて、クールミント、アイスミント、フルーティミントといったフレーバーのものもあることからますますお菓子のガムと思ってしまう人がいても全くおかしくないでしょう。
しかし、指定第二類医薬品であるれっきとした医薬品の一つであるのがニコレットであり、禁煙治療のために用いられる禁煙補助薬として知られています。煙草をやめたいと思ってもやめられない人のための禁煙補助薬であり、ニコチンを成分として含んでいるのが特徴です。禁煙をしたいのにできないという喫煙者の多くはニコチンに対して依存性ができてしまっているということが知られており、喫煙者の7割程度がニコチン依存症になっているとされています。

その際はニコチンを一度に摂取するのをやめてしまうことによって離脱症状が出てしまうというリスクがあるため、徐々にニコチンを減らしていくということが必要になるのが一般的です。その際にまずは煙草をやめるということを実現するのに役立つガムとして販売されているのがニコレットです。ニコチン置換療法と呼ばれる方法を実行するために使用するのがニコレットであり、ニコチンを煙草からではなくガムから取り入れるように置き換えることによって煙草を吸わなくても離脱症状が出ないようにするというのが目的で使用されます。
煙草をやめると口元が寂しいという人もいますが、ガムを噛むことによってそれを紛らわせることもできるというのがメリットであり、あめなどの他のお菓子風のものではなく、長時間にわたって噛み続けられるものにデザインされています。